So-net無料ブログ作成

ツールド沖縄市民210kmレースレポ後編 [レース]

つづき

後から聞いたら、応援団はタッチの差で集団が通過した後に到着だったよう・・・
あちこち交通規制された道路を迂回しながらの移動だったから仕方がないだろう・・・

続きを読む


nice!(1)  コメント(6) 

ツールド沖縄市民210㎞レースレポ前編 [レース]

2011年11月13日6時。夢の中で何度も走ったツールド沖縄市民210kmのスタートラインに初めて立った。沖縄に来させてれた妻、両親や兄、 家族に感謝する。

夕飯でも炭水化物中心に冬眠前の熊のように食べたのに夜中は腹が減ってしかたなかった。
緊張のせいか珍しく寝れなかったのもあるのかな??

脚にオイルを塗り込んで7時50分のスタートを待つ間、まわり見るとアクアタマの人たちが3人いたので、ひろさんの名前を出して挨拶とも思ったけど、気持ちに余裕が無かったのか消極的な自分w
そんなしてたら、前からペンションのりくらの若女将さんに声をかけていただきました!
たかさんも後ろに並んでるとのこと。来ていたんですね?お久しぶりですぅ(^O^)/
思いもよらない出会いで少し緊張がほぐれたかも知れません(^^;;
そしてスタートの時間が迫ると高岡さん(今大会優勝者)が現れた!
右端にゼッケン1番(401番)のよっしーさん
左端にゼッケン3番(403番)の高岡さん
真ん中にゼッケン2番(402番)の西谷さん

私たちは左端にいたので、SHINGOさんが高岡さんに「うちの子よろしく」と私を紹介してくれました。高岡さんからは「お手柔らかに~」なんて言われちゃったよ(笑)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ツールド沖縄市民210㎞ 結果&打ち上げ [レース]

11月13日 日曜日。

結果 76位。

暑すぎた。補給とかミネラル対策が足りなかった。睡眠も足りなかった。

レポはあとあと・・

おつかれ~.jpg
今夜は「フレッシュミートがなは」で打ち上げ。
死ぬほど食って飲んでやる~と思ったけど、内臓が疲れているせいか受けつける量が少なかった^^;;

打ち上げパーティ.jpg

打ち上げパーティ..jpg

そして二次会はカラオケ♪ 少し休ませてもらってから・・・

カラオケ♪.jpg
はじけた(笑)

沖縄たのしかった~

 


nice!(0)  コメント(0) 

沖縄入り [レース]

11月12日 土曜日。

初めてのツールド沖縄参戦。
自分の身体の準備もさることながら飛行機輪行や沖縄の宿、移動だとかについても不安なことが多かった。
そのすべてをサポートしていただいた。飛行機のチケットから宿の手配までSHINGOさん任せ・・・
「お供でマイル」で割安にもしてもらって助かった(^◇^;)

今朝は4時15分にジャンボタクシーを手配していただいてSHINGOさんとひとみちゃんと羽田へ直行!
一番の飛行機で那覇につくと、鬼木Mgrがでっかいハイエースでお出迎え( ´ ▽ ` )ノ
全くのストレスフリーで名護へ出発!
時間前だったけどホテルにチェックイン。最上階のなんとも贅沢な部屋が用意されていた(;゜0゜)
少し割高だけど、この際みみっちいこと言わず思う存分羽を伸ばそう・・・(^^;;

時間はお昼。
ジャージに着替えて、ハイエースに自転車載せて試走開始!
コースを知っているのと全く知らないのとでは走りに雲泥の差が出るので、数ヶ月前から予習していた。
・ラテさんに去年のDVDを借りてイメトレ。
・コースをルートラボからプリントアウト
・過去のレースの入賞者のブログなどで上りのリアルな距離や勾配、およそのタイムを確認、また辛く思う箇所だとか、落車のリスクを減らす位置どりとかも確認

そして鬼木Mgr運転での試走では、助手席に座らせてもらって、後ろでSHINGOさんと今回応援で来てくれたJさんに色々とアドバイスをしていただきながら進み、本部を周って58号線で自転車降ろして3人で海岸沿いを20kmほどアップして、耳にタコが出来るくらい聞いた【普久川ダムの上り】を試走してみる。
17分くらい。 心拍数は182まで上がった。
入りは平坦で4km以降がキツく感じる。 レースでは16分弱らしいけど集団ならなんとかなるか?
ここは試走してみて本当に良かった。入りは焦ってはダメだ。
その後ダムまで下りを確かめて自転車は終了。時間の関係で辺戸方面は割愛したけど、それ以外の全行程をMgrに運転していただいてコース下見を完了! お疲れ様でした!超感謝!ありがとうございました!

さて、寝られるかな・・・
BJおきなわ.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

Mt.富士ヒルクライム2011 [レース]

6月12日 日曜日。

確実に雨と言われても不思議と全くヤル気が萎えなかった。
10日ほど前にSHINGOさんが「練習出来てないけど、こうなったら雨でも走るよ!」と本人は何気なく言った言葉だろうけど、私のヤル気ゲージにとっては重要な影響があるゴッさんの一言である。

正直、天気が好転したときは逆に残念と思うほどだ^^;
せっかく雨の準備したのに・・・

しかし、雨が降らずに良かった。実はSHINGOさんは前日まで熱でダウンしていたので、雨ならもちろんDNSのつもりだったのだ。一緒に出場できて良かった(^^)
いつもの朝は運転してもらうのだけど、今回は何気なく運転手をかってでたら風邪だと教えてくれた。内緒にしておくつもりだったらしい・・・(⌒-⌒; )

去年より少し遅めの3時半出発。
5時すぎ会場入り。
5時半よりアップ開始。
アップは全体で20分くらい。
間に3分300W入れる。
もう少し時間が欲しかった。

前日受付はシンボーに、
防寒着リュック預けはケンケンさんにアシストしてもらいました。ありがとうございました。

トイレ行って6時15分すぎ頃に整列場所にバイク置く。
早くから沢山のバイク置いてあるけど、遠慮組なのか真ん中が十戒のように空いていた(笑)
前列から4列目くらい。
目の前には第3回大会の優勝者がいる。すげー脚だった(;゜0゜)

開会式での我等がリーダーのコメントは流石!

それからあっという間に1分前。
慌てて「俺は速い俺は速い・・・」を呟くw

7時スタート。
10番手くらいで走る。年齢別だったらまったりと走りたいところだけど、アスリートクラスはゴールの着順で決まるので前についてそれなりのペースで進む。
目標はアスリートクラス入賞。。

先頭から3秒後に計測ライン通過。
サイコンスタートボタンプッシュ!
一気に速度が上がる。 ちょっと速い 350W以上はらくに出ていると思われる。
もっとマイペースにしたいところだけど、入賞するためには先頭集団で行かないとダメだと思って頑張ってしまう。。。

ターゲットにしようと思っていた第三回覇者とオールドニューの藤田さんは調子が悪いのか落ちて行ったので、TKさんと行く!
自分の調子は? 悪くは無かったと思う。 でも、最初の入りがやはりアスリートクラス・・・ 勉強になりました。

TKさんの後ろの後ろの後ろくらいを走る。
TKさんは65分くらいのペースで行きますと宣言していたので、この時すでにグループTKは第二集団。
前の人の前が少し開いたので行くべきだけど、行かれない(>_<)
いっぱいいっぱい。
速度を見るとそんなでもないので、自分の脚が自分の脚じゃなくなっていた。一緒に千切れる。。。
少し休んでから追いつく考えで淡々と走る。

外人がいた。 ザックに似てるけど、こんなところにザックはいないでしょ? でも、全身アソスだしBMCだし  ザックだった(笑)
月位置で申し訳ない気持ちいっぱいだけど、脚もいっぱいw
一合目下駐車場付近でグループTKとは7秒差くらい
暖斜面になって一気に差を詰めたかったけど、そりゃあグループTKもペースが上がるでしょ(笑)
みんなが辛く思うところでペース上げないと追いつくはずがない。

その後、つまるどころか10秒、12秒と差がひろがり、、
ザックからも千切れる(TT)
5kmのタイムが15分もかかってしまった区間があったりして一人旅。前方にザック。
17km付近だったか、後続にとらわれて小集団結成。
しかしザックとの距離は縮まらずに進む。
見えているのに~

最後の平坦区間でもう入賞は消えたと分かっていたけど、せめて最後まで頑張ろうとラストスパートもしっかりしてゴール。
「1019番 山室選手 新しいLEOGNジャージ(BJ)で今ゴールです!」
と絹代さんにアナウンスされた(笑)

タイムは1時間06分51秒(グロスタイム)
先頭から3秒後にスタートだからネットタイムで1時間06分48秒
タイムだけでいうと去年より49秒遅かったf^^;

順位はアスリートクラス172人中 16位

入賞出来なかった。
先頭集団は熾烈なアタック合戦だったようで、その速度に乗ることも出来ない自分の力のなさ・・・
まず元々の速度域を上げて更に上げ下げに耐えられる脚を作らないとトップの人達とは渡り合えないのだな。

あしたは~ どっちだ~ (ジョー)

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

富士チームチャレンジ [レース]

5月7日 土曜日。

IMG_8940.jpg彩湖のときの練習風景解禁(笑)
SHINGOさん、ラテさん、ヒグさん、わたし、たぐの順

5月7日土曜日は富士スピードウエイで行われたファンライドイベントの富士スピードチャレンジに参加
3つのステージを走るチーム3stage。
当初SHINGOさん、ラテさん、ヒグさん、私の4人のチームだったが、SHINGOさんが映画撮影のため走れなくなってしまったので、たぐちゃんを代走として1ヵ月練習した。

◇1stステージ チームTT 男子2位 3stage参加チーム中1位
始めてのチームTT
TTスーツも用意して、TTヘルメットも用意・・・そして全員TTバイク!!!
かっこいい・・・はずだったけど、アップしようかとP3を操作したらDi2が動かない。。。
リアの線が断線してしまったよう(>_<)
ラテさんがいろいろと試してくれたけどダメだった。ありがとうございまいした。 
仕方ないので私だけロードで走ることに。
平地と下りは前を引くのは少なめにして後ろにヘバリつく
上りは前を引く  悪くない感じだ
しかしストレートで私に気を遣いすぎて速度が遅かったよう
もうちょっと速くても大丈夫だった。もっと練習してまたTTTやりたい。

2周目にヒグさんがチェーン落として脱落・・ 3人でゴールを目指す
ラテさんは私の分まで前を牽いていたせいか上りで息が上がってしまった・・
速度を調整しながらラスト周回してゴールでもがくが、狭いゴールラインを横に広がって走る前チームがいて減速(>_<)
かなり手前から大声で叫んでいたのに聞こえなかったみたい
それにしてもちょっと酷かった・・・

◇2ndステージ 5周タイムアタック 残念…
5周TTとはいってもほぼロードレース
1stステージ1位だったのでリーダージャージを着てコールされての入場(^^)
スタートラインに並ばないで前からプロと一緒にスタート出来るのは嬉しい
スタート前に関係者にマスドスタートかローリングスタートか確認したら一斉マスドスタートだというので、一周目の上りでスイスイスイっと前に出たら、後ろで眞鍋さんがコラコラ ローリングスタートだから行かないで~ とか何とか言っている?
まぁ逃げるつもりでいたわけではないので自分のペースで集団に戻るとファンライドの人が一人アタック
すると、「クォラ~ てめ~ 社員だろうが~ ローリングスタートだっつってんだろ~」と眞鍋さんの激w
みんなローリングスタートなの? と顔を見合わせる(笑)
ちょっとルールをちゃんとしてもらいたい

私、ラテさん、たぐちゃんは終始前でアタックを繰り返すが決まらないまま最終回
上りに入ると一人アタック! ついていかれない! 完全に決まってしまった。。。
そして後ろで息をひそめていた集団が一気に前に出る。
私はペースを維持したままどんどん後方へ下がってから、ストレートでジンワリとパワー放出
上りで頑張りすぎていたのを次々パスw
なんか行けそうだったのでゴールスプリント

ラテさんが右に見える。
まぁ順位では無くてチームの平均タイムがチーム成績になるから、そんなに頑張らなくていいかと一瞬思ってしまい少し脱力。。。
後で一応順位が出るのを知って、もっとしっかりゴールすれば良かったと後悔w
・ラテさん4位 0:32:09.83
・わたし6位 0:32:10.22
・たぐちゃん19位 0:32:11.40
・ヒグさん ???
ここで大事件発覚! 0:32:18 くらいの人と一緒にゴールしたヒグさんだったが、計測チップをTTバイクにつけたままでロードバイクに付け替えていなかった!?

ななななななななな なんてことだ~~(>_<;;;;)
これによりヒグさんリタイア ⇒リタイア者はゴールタイムを61分になるのでチームの平均タイムが大幅に悪くなってしまってリーダージャージはく奪(涙)
順位は分からない位に下がってしまった。。。。orz
ヒグさんは凄く落ち込んでいる。
次の3rdステージの皆のモチベーションはかなり低い・・・

◇3rdステージ 5時間エンデューロ 5位 3stage参加チーム中2位
寒さで風邪が悪化して具合が悪いラテさんだけど一番に走ってくれることに、、、無理しないで5周でヒグさんに交代。ラテさんはシャワー浴びて競技終了。
顔色が悪くて震えている。早く暖かくしないとヤバそうだったけど、そんな体調でも速かった(^^;)

戦犯扱い(笑)のヒグさんには3時間くらい走ってもらいたいところだけど、調子が悪くて走れないというので3周でも4周でもいいよってことで送り出す。
第三走者 私。
ヒグさんの失敗を帳消しにしたくてガンバル。
リーダージャージをラップしなければならないので可能性は低いのだけど・・・
全く牽いてくれる人はいなくて99.9%牽く感じ
ソロで参加のシンボーがいたので、後ろにつかせて全牽きしてあげた。
10周走ってたぐちゃんに交代
たぐも10周くらいしてピットイン。
ちょっと元気になってきたヒグさんが再度コースインして5周くらいして
最終走者は私 またまたシンボーがいたので牽いたあげたけど、こちらももしかしたらステージ成績が出そうだったので千切ってしまった。
この回は脚のある人と走れる場面があって助かった(^◇^;)
8周くらいしてゴール。。。

色々とあったけど、私自信は調子よくて脚がよく動いてくれたので楽しい一日だった。
レースは一番の練習になるので、結果は悪かったけど練習だと思えばいいと思う。
とにかく最後まで本気で頑張ることが大切
前向きな思考回路でいないといけない
TTTで一人ロードだから千切れるかも知れないと不安だったけど、スタート前に俺が一番強いんだ、俺は千切れない 絶対千切れない 絶対やれる と呟いていた。
TTT面白かった(^^)

IMG_9495.jpg
F 53T-39T
R 12T-23T

今度はヒルクライムか・・・ 一か月がんばろ

それにしてもプロの脚は凄いなぁ 4kg増でパワーアップしたけど、もっと大きくしてもいいかもしれない
ヒルクライムは練習なので体重は気にしないで今まで通り体づくりしようと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

リタイア(T_T) [レース]

初めてのリタイアでした。

4周目にピット入ってリタイアした。
計測されたのは3周だったみたい。 どうでもいいや

つまらない一日だった…
みんなが頑張って走っているのを見て、走っていれば良かったと後悔してしまった(>_<)

心配していた左膝は全くもって調子良かったです。
気温も走っていれば暑いくらいでした。
リタイアした一番の理由はホイール。
試走時はそんなに降っていなかったので、結局ターマックに前LEW 後レイノルズを履かせて走ったが、スタート時には本降り。
周りも自分もブレーキは全くきかず、路面はとても滑りやすい。
怪我をしたことのない私は怪我をする自分を想像できないので、落車自体は怖くないのだけど、心配だったのは借り物のホイールを壊してしまったら大変だということ。
雨なら使いませんと言っておきながら使ってしまって、挙句の果て落車して壊しましたでは済まないf^^;

お小遣いためて自分のカーボンディープリム買おうと思った。

富士チャレ2010バイク.jpg

さて、リタイアしてしまって美味しい酒が飲めないけど、また沢山食べて飲んでベースを作り直しだ。

一年目標63kg FTP330w な体づくりwww


乗鞍備忘録 [レース]

土曜日朝6時にじゃさんが迎えにきて7時頃ヒグさん宅到着。
16号~中央道で長野へ。(中央道では渋滞あり)
12時半会場到着。

14時すぎに近くの蕎麦やで昼食。
そしてペンションのりくらへチェックイン。

温泉に入ってから鵜沢さんと中村さんとサイクリングに出かける。

休暇村までの往復と白樺林道手前あたり
寝不足からか頭痛がひどくて走るか迷ったけど、気持ちよかった(^^)
自転車に乗る感覚を思い出した気がした。
 
去年はアンディがつくった具無しパスタで翌日に備えたが、今年はちゃんとした美味しい夕食をいただいた。
炊き込みご飯がおいしくて4杯食べたけど、もっと食べたかった。いくらでも食べれる感じ。

食後はリビングでTKさんに色々教えてもらう。
すごく勉強になった。
自分が実行していることも、改めて原理を説明してもらって理解を深めることが出来た。

頭痛があったので早めに寝床へ…
9時にコンペックスのリカバリーを軽くやってから就寝。
しかし深夜12時ころから朝まで寝られず。
布団をかぶって目だけつむって一生懸命からだを休める。

同室のじゃさん、ヒグさん、中村さんは4時起床。
自分はぎりぎりまで休んで4時半起床。
朝食は去年同様、Pのりくらさんに作ってもらったおにぎりを食べる。
早朝の食堂で食べる選択肢があることを知らなかったので、来年以降は食堂で食べようと思う。

今回ローラー台でのアップはしないで、会場までの数キロ(最大10%)の坂を何往復かするのと白樺林道への道を走ってアップ。

長いこと運動をしていなかったので、筋肉がフレッシュで調子がいい。
アップくらいの運動だと衰えを感じない。

スタート位置は前から3列目くらいを獲得!
2列後ろにペンションのりくらの「たか」さん。 

気分は悪かった…
体調のせいではなくて、全く自信がなくて…
自分の影の薄さがわかる…
いつもは自信満々のオーラを発して、『俺は速い俺は速い…』とぶつぶつ言ってスタートを待つけど、
今回は『俺は頑張れる俺は頑張れる俺は頑張れる…俺は最後まで頑張れる!』と唱えていた。 

7時59分スタート
ダインシングで前から5.6番手あたりを位置取りする。
飛び出す選手もいなくてペースがいい
感じとしては300~350wくらい。
ついていける!このままいけるか? と思ったらが、少しずつ前との距離がひらく。
「だるさで脚に力が入らない」ではなくて、力は入るけどこれ以上パワーを維持していられない。
ようするに走力自体がなかった。
先頭集団のおしりは休暇村を最後に見えなくなってしまった。 

三本滝までが長く感じた。

三本滝通過タイム
19分01秒 173bpm 89rpm
(去年は18分25秒)
  
現状=今年6月までの走力-1月半のブランク=去年の走力
の式を成り立たせたかった。 

しかし、その後もタイムを失いつづけて
去年46分40秒だった位ヶ原山荘の通過タイムは、
51分51秒
現実は厳しいもの漫画のようにはいかないものだ
 
ゴールタイムは1時間12分14秒
(去年は1時間5分25秒)
 
※最高の天気だった!!!
タイムや順位はともかく走れてよかった。

来年は1時間切りではなくてチャンピオンクラス10位内みたいな目標で一年頑張ろうかななどと思うf^^;


 


Mt富士ヒルクライム「レースレポート」 [レース]

朝3時。
SHINGOさんの運転で自宅出発!

スタート3時間前の4時にパンを食べ始める。
Shigeさんからもらった仲間内でブームの麩菓子も食べた(^^)

富士五湖道路手前から運転手交代で会場到着。
シャ乱Qまことさん夫妻のクルマのとなりに停めてアップ開始。

前ではファンライドのカネシロさんがすんげーアップしている。
はんぱねー感じで湯気まで出ていた(笑

まことさんの反対側では今中さんもアップを始めた。

アップ2.jpg

私はリアをPTにしてウォーミングアップ。
軽く20分くらい回してから280wを2分と3分。。。全体で40分くらい。
かなり汗をかきました。
でも一度上げるとその後はパワーを簡単に出せるようになる。
ローラー中はコースをイメージしながらも、「俺は速い俺は速い」とブツブツとつぶやく(爆)

アップの疲労を抜くためにダウンもしっかりと、、、
そしてリアを決戦仕様に変えて、

続きを読む


Mt富士ヒルクライム速報は [レース]

リザルト.jpg

クラス2位でした!!(^0^)(^0^)(^0^)

銀メダル.jpg


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。